日本企業の新入社員研修と特徴と将来的展望 ☆1★

企業では4月に新卒で新入社員が入社し入社時から数週間、長くて数か月の新入社員研修が始まります。会社にもよりますが、この研修では主に名刺の渡し方から電話の取り方などのビジネスマナーに関することを教えたり、これから行う業務に関する基礎的な専門知識を教えたり、チームワークを学ぶためのスポーツイベントを行ったり、さらに、昨今の英語の必要性を鑑み数週間の英語学習を英会話学校で行う企業もあります。このような研修を広く一般に行っている国は欧米では珍しく日本独特のものと言っても過言ではありません。最近では日本の企業も留学生を新卒で採用することが多くなっていますが採用された留学生は入社早々このような研修を目の当たりにして驚きを隠せません。しかしながら、社会出て必要なことを懇切丁寧に教えるこのような制度の良さを彼らもすぐに気づき、日本の戦後の高度成長や日本の企業のチームワークの良さの理由を、このような研修を当たり前のように行う家族的な日本の会社のあり様に見出す留学生もいます。

日本刀販売 激安

クレジットカード現金化換金堂の評価ってどうなってるの?

シマックス 勉強会

疲れないパンプス